【歴史をひも解く】オンラインカジノの歴史を解説!

ライセンス

最近人気のオンラインカジノは、あたらしいエンターテイメントとして広く認知されています。

カジノになじみの薄い日本人でも、インターネット環境の普及により手軽な遊びのひとつとして人気です。

そんなオンラインカジノですが、もともとどのような経緯でここまで市場を拡大してきたのか…。

ちょっと気になるオンラインカジノの歴史をここで少しご紹介していきます。

 

オンラインカジノは1994年カリブ海の島国からはじまる

オンラインカジノは、1994年にカリブ海に浮かぶ「アンティグア・バーブーダ」という小さな国でひとつの法律が完成した時からはじまりました。

それは、オンラインカジノ運営ライセンスを発行することを許可する法律です。

それまでカジノといえば、法律でギャンブルが許可されている国にあるランドカジノのことでした。

現地で遊ぶためには、時間もお金も掛かるので特別なモノという印象はとても強かったです。

1960年代に世界中で発展をはじめたインターネットは30年ほどで、各家庭に普及するまでにまりました。

そこで、充実したネット環境を利用して遊ぶオンラインカジノは法律制定と同時に世界中に広まったいったのです。

オンラインカジノの成長・安全性の確保について

法制定当初に作られたオンラインカジノのなかには、悪徳なサイトも多く登場していました。

安全性に問題のあるものや、違法なもの、公正なジャッジが下されない悪徳サイトです。

そんな状況を見直すべく、各国政府の取り締まりの強化や、ライセンス取得の審査基準を厳しくしたことで安全性は確保されました。

いまでも老舗として人気のインターカジノは法律が制定されてから、2年後に作られたインターカジノです。

1998年ごろからは、高額賞金を狙えるジャックポットが付いたスロットのソフトなども開発されました。

現在ではディーラーや同じテーブルについた他の客と会話をたのしむこともできるライブカジノが人気です。

1990年代はオンラインカジノ業界が誕生から急成長をした時代といえます。

自宅にいながら安心して遊べるオンラインカジノは、あたらしいエンターテイメントとしてとても人気です。

まとめ

インターネットの急速な普及と、運営ライセンスの発行を許可する法律の制定によってはじまったオンラインカジノ。

現在では20か国以上のライセンス発行国があります。

また、オンラインカジノサイトを監視する第三機関もできたのでそこを通っていると安心です。

1994年からはじまったオンラインカジノの歴史をご紹介してきました。

オンラインカジノサイトに登録するときは、どの国のライセンスを取得しているかなどをチェックすると安心です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。